本文へスキップ

基本理念

社会福祉法人厚沢部福祉会は、老人福祉法に定める基本的理念の具体化を目標とし、 健康で明るく生き生きと過ごせるよう、「心豊かな安らぎのある暮らし」を支援します。

【運営理念】
介護保険制度や福祉の動向を視野に入れ、もてる施設機能を最大限に活用し、 さらに保健、医療、福祉の各サービスと連携した介護老人福祉施設として、生活感の溢れる質の高い充実したサービスを提供します。

運営方針

あっさぶ荘は、施設サービス計画に基づき、可能な限り居宅における生活への復帰を念頭において、 入浴・排泄・食事等の介護社会生活上の便宜の提供、その他日常生活上のお世話、機能回復訓練、 健康管理など生活上のお世話を行うことにより入所者がその有する能力に応じ、自立した生活を営むことが出来るように努めます。
あっさぶ荘は、明るく家庭的な雰囲気を有し、地域や家庭との結びつきを重視した運営を行い、 施設の整備計画に取り組むとともに、居宅介護支援事業者、居宅サービス事業者、他の介護保険施設、 その他保健、医療又は福祉サービスの関係機関等との密接な連携に努めます。
(1)利用者サービスの充実
利用者の人格を尊重し、常に利用者の立場に立ったサービスの提供を行うほか 要介護状態の軽減や悪化防止に努め、各種の諸計画に取り組み職員一丸となりサービスの質の向上改善に努めます。
(2)諸会議、研修の実施
職員は常に向上心を養い、サービスの充実を図るとともに各種研修への参加施設内研修を積極的に行うとともに、 諸会議の定期的開催により資質向上を図ります。また、委員会活動等の見直しを行い、入所者の処遇改善に努めます。

お知らせ

  • 2018/08/02 ホームページを公開しました