本文へスキップ






電話でのお問い合わせはTEL.0163-86-2003

〒097-1201 北海道礼文郡礼文町大字香深村字トンナイ
558番地の5 町民センター2階

「ふくしのまち」をめざして

礼文町は、人口約2,700人の最北の小さな町です。


 離島という地理的条件もあり、福祉・医療に関しては厳しい現実があります。しかし、人もモノも“何もないから何もできない”ではなく、


あるもの(人、モノ)を最大限に使ってできることをしよう---

そう思っている町民の方々の知恵と力をお借りして、礼文町社協は「ふくしのまち」を目指します。

社協の会費納入や赤い羽根募金運動には町民のご協力をいただいています。その資源を町民の手で、町民のために活用して、町民が喜ぶ。そんな礼文サイクルの実現を目指します。

お知らせ


  • 平成29年度ボランティア弁当事業実施  2月実施

    町内の中高生が75歳以上の独居高齢者へ手づくりお弁当を届けました。
    生徒たちの手づくりお弁当は、高齢者はとても楽しみにしており
    「おいしいお弁当おりがとう!」と喜んでくれました。

  • 平成29年度礼文町老人クラブ連合会「手づくり体験事業」実施  2月実施

    香深・船泊両老人クラブ会員の健康増進・相互交流を深めるため毎年実施しています。
    平成29年度は「ねりものに挑戦!!」と題し、ホッケ・タラ・サケ・マスを使ったかまぼこと
    とろとろ甘酒プリンを作りました。
    その後の試食会では、馴染みのあるホッケ・タラに加えサケ・マスのかまぼこの美味しさに驚きました。
    この後の宝引き等のレクリエーションも大盛況でした。参加してくれた方々、ありがとうございました。

  • リングプル寄贈  3月実施

    香深中学校、礼文・香深井両小学校の3校から礼文町社協へ
    リングプル35kgを贈って頂きました。
    3校の生徒たちが各家庭等の協力を受けて集めてくれました。
    皆様のご協力、ありがとうございました。

  • シルバー体験実施  3月実施

    香深中学校で「シルバー体験」を実施しました。
    香深中学校2年生が車いすをはじめとする様々な高齢者体験に取り組みました。
    生徒たちは高齢者について学び、理解を深めたいと各種体験を積極的に取り組んでくれました。

  • いも植え交流の実施  2018/5/11実施

    香深保育所の園児と香深老人クラブの会員でじゃがいも植えを行いました。
    保育所の園児34人と香深老人クラブ員4名が参加しました。
    香深保育所の職員の皆様、園児の皆様今年もご協力いただき
    ありがとうございました。

  • 平成29年度 『礼文町歳末チャリティ芸能発表会』 ※終了しました。

    12月1日(金)18: 00〜  ピスカ21 1階 大ホールで開催します。

    抽選権券の配布は、18:30までです!

    恒例の 抽選会 餅まき がありますよ。

    盛りだくさんのプログラムで、お待ちしております。

    是非、ご来場ください。

● 広報誌「社協れぶん」第49号を公開しました。

● 広報誌「社協れぶん」第48号を公開しました。

● 広報誌「社協れぶん」第47号を公開しました。

● 広報誌「社協れぶん」第46号を公開しました。

● 広報誌「社協れぶん」第45号を公開しました。


礼文町社会福祉協議会指定訪問介護事業所では、ホームヘルパーを募集しています。
曜日・時間などは、ご相談に応じます。

詳細については、下記までお問合せください。

礼文町社会福祉協議会  0163-86-2003


はちまる元気
礼文町社協イメージキャラクター
はちまる元気
『80歳になっても元気で楽しく過ごそう』
という意味が込められています。