本文へスキップ

電話でのお問い合わせはTEL.01377-2-5121

〒049-3513 北海道山越郡長万部町字平里91番地11


社会福祉法人 長万部長愛会

 

1.基本理念

 社会福祉法人 長万部長愛会は、老人福祉法及び介護保険法の基本理念に基づき、すべての事業の利用者様に対し敬愛と尊敬の念を忘れず、ひとりの人としての尊厳が守られ自立した生活を営むことができるようサポートすることを基本理念として運営して参ります。

 

2.運営方針

(1)利用者の生活の質の向上

利用者が安心して過ごせるような環境を整えるとともに、利用者一人一人のニーズと意思を尊重し、その生き方に寄り添い共感することで、身体的ケアのみならずプライバシーへの配慮等の心理的、精神的なケアにも配慮します。

(2)公平・公正な事業運営の遵守

利用者の生活と人権を擁護するため、利用者及びご家族の要望、意見に耳を傾け、公平・公正な運営に努めます。

(3)職員の資質・専門性の向上

常に質の高いサービスを提供できるよう、事故研鑚に励み、事業所内外の研修を通して専門性の向上に努めます。

(4)健全・安定運営

・変化する社会情勢に迅速かつ的確に対応できるよう、社会福祉に関する制度や社会情勢、地域の情報を収集し蓄積させます。
・事業所間の連携が円滑に行われるよう情報収集及び発信を行います。
・職員の定着化を図るため、福利厚生の充実整備、働きやすい環境の整備などを行います。

(5)地域の福祉拠点としての地位の確立

・ホームページ等の活用を通して情報発信するとともに情報収集を行い、地域のニーズの把握、発掘に努めます。
・地域や自治体の行事や事業へ積極的に参加協力する等、地域交流を大切にし、地域にとってなくてはならない法人運営を目指します。

 

◎社会福祉法人長万部長愛会介護職員処遇改善加算算定状況について(PDF)

概況

 

 住み慣れた長万部町で、自分らしく生活する方々を社会福祉法人の特徴である公益性の高いサービスを効率よく利用できるよう提供いたします。
 そのために在宅福祉から施設サービスを切れ目なく受け、安心して生活できるよう支援致します。
 特別養護老人ホーム長万部慈恵園は、渡島管内では3番目に開設した施設で、在宅で、ご苦労なさっている方の「第2の家」として生活していただけるように努めています。
 在宅福祉の拠点、ふれあいハイムおしゃまんべについては、居宅支援、通所介護、訪問介護、障害福祉サービス事業を柱にし、自宅を離れ「安心して生活したい。」と願う方々に高齢者生活福祉センターを提供しています。
 これから取り巻く福祉財政はとても厳しいものとなりますが、経営の安定化を図り、より質の高いサービスを提供するため、「個別サービス」、「スタッフのスキルアップ」などを図り、笑顔を提供し地域に根差した福祉サービスを提供できるよう邁進いたします。


沿革

 

昭和52年11月07日 社会福祉法人 長万部長愛会登記
昭和53年03月01日 特別養護老人ホーム長万部慈恵園開設(50床)
昭和55年04月01日 ショートステイ事業開始(4床)
昭和56年04月01日 特別養護老人ホーム長万部慈恵園新館開設(30床)
平成07年04月01日 長万部町デイサービスセンター開設
長万部町在宅介護支援センター開設
平成13年10月01日 長万部町高齢者生活福祉センター開設(10床)
平成25年08月01日 訪問介護事業所(障害含)開設(社協より移管)
指定障害福祉サービス事業所開設(社協より移管)
平成25年10月26日 長万部町高齢者生活福祉センター増床(11床)
平成27年03月31日 長万部町在宅介護支援センター閉鎖