本文へスキップ

文字サイズ変更

電話でのお問い合わせはTEL.0136-22-4150

Emailはkutchan-syakyo@office.email.ne.jp

〒044-0003 北海道虻田郡倶知安町北3条東4丁目
(保健福祉会館内)

撮影者 氏名:久保 祥吉様

〜新型コロナウイルス感染症の影響による休業等で生活資金にお困りの皆様へ〜

 新型コロナウイルス感染症の影響により、収入の減少があり、緊急かつ一時的な生活維持のための貸付を要する世帯等を対象に、生活福祉資金貸付制度(緊急小口資金・総合支援資金(生活支援費))について、特例措置が設けられました。
 特例措置の詳細につきましては、下記のパンフレットからご確認下さい。

 ※「貸付」であることから、償還(返済)していただく必要があるため、面談等が必要となりますことをご承知下さい。
  生活福祉資金(緊急小口資金)特例貸付のご案内(PDF)

ようこそ!倶知安町社会福祉協議会ホームページへ

 社会福祉法人倶知安町社会福祉協議会(倶知安社協)では、高齢者も子どもも、障がいのある方もない方も、誰もが住みなれた地域で安全に安心して暮らし続けることのできる福祉のまちづくりをめざしています。

お知らせ

過去の情報も表示する

  • 赤い羽根共同募金運動が始まりました(倶知安町共同募金委員会)

     赤い羽根共同募金運動が10月1日(木)から始まりました。
     今年度は、10月1日、2日と例年と日程を変更して町内のスーパー出入口他で街頭啓発募金活動を行い、各戸、職場、大口、法人、学童募金も10月中旬から行います。
     倶知安町共同募金委員会に寄せられた寄付金につきましては、災害に見舞われた方、一人暮らしの高齢者や障がい者への給食サービス事業、ふれあい広場事業、社協広報誌発行事業等多くの身近な福祉に役立てられています。
     なお、募金箱は、倶知安町社会福祉協議会、ツルハドラッグ倶知安店、倶知安南店、マックスバリュ倶知安店、ホテル第一会舘、まちの駅ぷらっと等に募金箱を設置しております。
     皆様の温かいご協力をお願い致します。

     社会福祉法人 北海道共同募金会ホームページ
     http://www.akaihane-hokkaido.jp/

     赤い羽根データベース はねっと(赤い羽根募金のつかいみち)
     http://hanett.akaihane.or.jp/hanett/pub/home.do

    2020全国共通ポスター

  • 倶知安町限定ピンバッジのカプセルトイマシンを設置しました!
    (倶知安町共同募金委員会)

     赤い羽根共同募金の倶知安町限定ピンバッジの2020年度版が完成して倶知安町社会福祉協議会の事務局でピンバッジ募金(500円/個)を行っておりますが、この度DCMホーマック葛苒m安店内にありますマルシェゆきだるま様のご協力によりカプセルトイマシンを設置させて頂き、土日祝祭日でもピンバッジ募金ができるようになりました。
    引き続き皆様方のご協力をお願い致します。

    カプセルトイマシン

  • 倶知安町限定のピンバッジ募金を始めました!(倶知安町共同募金委員会)

     昨年度から作成しております赤い羽根共同募金の倶知安町限定のピンバッジ2020年度版が完成し、倶知安町社会福祉協議会の事務局で募金(500円/個)の受付を始めました。
     なんと、今年は羊蹄山麓6カ町村(ニセコ町、真狩村、留寿都村、喜茂別町、京極町、倶知安町)とのコラボ企画として、各町村のバッジを1つずつ集めると『YOUTEI』(ようてい)の文字か完成します!
     なお、倶知安町限定のピンバッジについては、製作費を除いた金額が倶知安町共同募金委員会に寄付され、倶知安町をよくするために使われます。
     今年度も皆様の温かいご支援、ご協力をお願い致します。

     2020年 寄付金付きピンバッジの案内(PDF)

  • 赤い羽根インターネット寄付システム「ふるさとサポート募金」のお知らせ

     「ふるさとサポート募金(通称:ふるサポ)」とは、自分のふるさとや好きなまちにインターネットで寄付できるしくみであり、全国すべての市区町村から選択して、民間の地域福祉活動を通年応援でき、また、地域の困りごとを解決するためのテーマを選択して寄付することもできます。
     詳細につきましては、中央共同募金会ホームページ内の「赤い羽根インターネット寄付システムご利用ガイド」をご覧ください。
      https://www.akaihane.or.jp/furusapo/

     倶知安町への寄付申込ページURLは、下記のとおりです。
      https://hanett.akaihane.or.jp/donate/entry/100/01/01400/

  • 赤い羽根共同募金英語版のパンフレットを作成しました
    (倶知安町共同募金委員会)

     近年、倶知安町は、世界的にも有名なリゾート観光地となり、海外からも多数の人が訪れています。募金に協力して下さる企業様、移住された方等に赤い羽根共同募金について理解を深めていただくために、英語版のパンフットを作成しましたのでご覧いただければと思います。
     また、下記よりダウンロードも可能となっておりますので、ご活用ください。
      赤い羽根共同募金(英語版パンフレット)(PDF)

新着情報

2020年度の主なできごと
(クリックで開閉します)

  • 2020. 12. 1 倶知安町手話奉仕員養成講座 基礎課程Uの閉講式を行いました

     12月1日(火)倶知安町の委託事業として、意思疎通を図る事に支障がある障がい者の円滑な日常生活及び積極的な社会参加を助長する事を目的とした倶知安町手話奉仕員養成講座(基礎課程U)の閉講式を、倶知安町保健福祉会館にて行いました。
     閉講式では、4月7日の開講式から(新型コロナウィルス感染拡大防止の為、5月中の講座を中止)11月21日まで全29回の講座と講義を通して皆勤1名と精勤(欠席が5回以下)4名の計5名に黒田智倶知安町福祉医療課長より修了証が手渡されました。
     最後に出席された受講者一人ひとりから手話スピーチを行って受講の成果を披露された後、伊藤利恵子後志ろうあ協会事務局長より講評を頂き、3年間の講座の課程(入門、基礎、基礎U)を終えました。
     受講者の皆さま、3年間本当にお疲れ様でした。

  • 2020. 11. 27 寄付金の贈呈を受けました

     11月27日(金)に倶知安映画観賞会(永江常吉代表代行)様より同会の解散にあたり、剰余金を今後の倶知安町の福祉の発展にご活用頂きたいと寄付金の贈呈を受けました。
     なお、この度の寄付金につきましては、社会福祉事業並びに一部を赤い羽根共同募金歳末たすけあい募金の歳末見舞金として有効活用させて頂きます。
     倶知安映画観賞会様、本当にありがとうございました。

  • 2020. 10. 27 福祉巡回車の寄贈を受けました

     10月27日(火)に一般社団法人生命保険協会札幌協会様並びにJAIFA(ジャイファ)札幌協会様からの福祉巡回車寄贈式典が北海道社会福祉協議会に於いて執り行われ、福祉巡回車(スズキ アルトバンVP)の寄贈を受けました。
      この度寄贈を受けた福祉巡回車につきましては、給食サービス事業等で有効活用させて頂きます。
      一般社団法人生命保険協会札幌協会様並びにJAIFA札幌協会様、本当にありがとうございました。

  • 2020. 10. 15 北海道警察 倶知安警察署と防犯啓発活動を行いました。

    倶知安町社会福祉協議会に事務局のある、【倶知安町防犯協会】の活動として10月11日(日)より20日(火)までの全国地域安全運動に呼応し、10月15日(木)に倶知安警察署と一緒に防犯啓発活動を行いました。
    あいにくの空模様ではありましたが、会場には北海道警察のマスコットキャラクターの「ほくとくん」と倶知安のご当地キャラクターの「じゃが子ちゃん」と警察犬が来場し、皆様に御協力いただき、和やかな雰囲気で無事に終えることが出来ました。

  • 2020. 8. 12 生活困窮者の方への支援物資の寄贈がありました

    東急リゾーツ&ステイ潟jセコ東急リゾート様より生活困窮者の方への支援物資に有効活用して頂きたいと依頼があり、ジャンボチキンカツ20ケース、丼用玉子200個、花咲えび天ぷら2,700本、味付ジンギスカン1kg100袋の寄贈を受け、その伝達式を8月12日(水)に行いました。
    なお、この物資につきましては、新型コロナウィルスの影響による緊急小口資金貸付制度を利用された方など生活に困窮されていることを条件に希望された方を対象として配布させて頂きます。
    東急リゾーツ&ステイ潟jセコ東急リゾート様、本当にありがとうございました。

  • 2020. 7. 14 福祉体験学習を行いました

    倶知安小学校6年生の総合的な学習の時間で、車いす体験、福祉車輌体験、アイマスク体験を職員が講師となって授業を行いました。
    また、7月20日(月)には、後志ろうあ協会の伊藤利恵子様、倶知安手話サークルの皆さま、倶知安町手話奉仕員養成講座の受講生の皆さまにご協力を頂き、手話の体験学習を行いました。
    今回の福祉体験学習の実施にあたりご協力頂きました倶知安小学校の教職員の皆さま、後志ろうあ協会、倶知安手話サークル並びに倶知安町手話奉仕員養成講座の受講生の皆さまに心からお礼申し上げます。

    ○7.14 福祉体験学習@
    ○7.20 福祉体験学習A(手話)
  • 2020. 6. 18 令和元年度計算書類を掲載しました(報告・決算ページへ)

  • 2020. 4. 17 手作りの布マスクの寄贈がございました

    倶知安町の民生委員・児童委員で構成される2つのボランティア団体(民仁会:得地勝善会長、鳩の会:森口啓子会長)から手作りの布マスクの寄贈があり、給食サービスボランティアの会(森下義照会長)へ贈呈されました。
    2つのボランティア団体の皆様に作って頂いたマスクにつきましては、給食サービスボランティアの方を通して給食サービスの利用者の皆様へ1人2枚ずつ配布されます。
    民仁会並びに鳩の会の皆様、本当にありがとうございました。

  • 2020. 4. 7 倶知安町手話奉仕員養成講座 基礎課程Uの開講式を行いました

    倶知安町の委託事業として、意思疎通に支障のある方々の日常生活や社会参加を助長する事を目的とした倶知安町手話奉仕員養成講座(基礎課程U)の開講式を倶知安町保健福祉会館会議室で行いました。今年度は、前年度基礎課程を受講された方を対象として、12月1日(火)まで全32回の開催を予定しています。
    開講式では、文字一志倶知安町長、伊藤利恵子後志ろうあ協会余市支部手話通訳対策部長よりご挨拶を頂いた後、余市手話会余市町手話通訳登録員の中多まゆみ様による第1回目の講義『表情豊かに具体的に@』を行い、7名の出席者は熱心に講義を受けられておりました。

 

2019年度の主なできごと
(クリックで開閉します)

 

2018年度の主なできごと
(クリックで開閉します)

 

2017年度の主なできごと
(クリックで開閉します)

 

2016年度の主なできごと
(クリックで開閉します)

 

2015年度の主なできごと
(クリックで開閉します)

ページ訪問者数 閲覧カウンター